[一言フォーム] [series top] [HOME]

黒衣の理由
 魔術士は黒衣、と決めつけられがちだが、実際のところ「魔術士の服は黒」などという決まりはない。
 実際、《塔》に集う魔術士達はみな好きな色の長衣を着ているし、魔術士然とした長衣すら嫌がって、普段着で研究に励んでいる者もいる。
「そういや、ししょーは黒ばっか着てるっすね。そういう伝統とか形式とか、一番嫌がりそうなのに」
 弟子の言葉に『北の魔女』はふふん、と鼻を鳴らしてみせた。
「これが一番、理に適ってるのよ」
 プシュー! ボワワン!
 相槌を打つように、大釜から立ちのぼる七色の煙。
「げっ……!」
 まだらに染まった白衣を恨めしく見下ろす弟子の横で、黒衣の魔女は澄まし顔。
「ね?」
「ね、じゃないっすよ! 早く洗わないとー!」
Twitter300字ss」 第七十回「服」
 一番最初に思いついたのは「魔女の服は黒って誰が決めたの?」(うろ覚え・「魔女の宅急便」より)なんですが、実際問題、あれはどこから生まれたイメージなのかな? と思います。
 幻想世界ファーンでは特にそういう決まりも伝統もないのですが、アルメイアは黒い長衣に黒のとんがり帽子、という「典型的な魔女スタイル」なので、その理由を考えたらこうなりました。(なお、とんがり帽子は背を少しでも高く見せるためです)
 黒は、色汚れが目立たないので……。
2020.11.07


[一言フォーム] [series top] [HOME]