[一言フォーム] [series top] [HOME]
天上の響き
 人には得意不得意というものがある。
 例えば、養父ダリスはとにかく片付けが出来ない人間で、執務室はひたすら本と書類と埃が積み重なっているが、意外なことに料理が得意だ。(しかも、調理器具の片付けはちゃんとする)
「あれはね、他人の領分を荒らすのはよくないけれど、自分の縄張りなら安心して荒らせる、という感覚なんですよ」
 溜息をつくオーロは、ダリスとは反対に整理整頓が得意だ。今日もテキパキと書類を整理し、ついでに要返却の本を発掘し、その合間にこちらの宿題の進み具合を確認する、という離れ業をやってのける。
「ラウル。さっきから一向に進んでいませんが、どこで(つまづ)いているんです?」
 かれこれ半刻ほど向き合っているのは、神聖語で綴られた聖句集だ。この神聖語というのは実に厄介で、綴りが難しい上に発音の決まりが複雑極まりなく、きちんと学習しないことには、書くことはおろか読むことすら出来ない。故に神学生はまず、神聖語の書き取りと発音を徹底的に叩き込まれる。
「ここ、この部分がどうしても続けて発音できなくてさ」
「お父様に聞けばよろしいでしょうに」
「クソジジイの発音はあてにならないんだよ! あれでよく副神殿長とかやってるな、あいつ」
 副神殿長ともなれば、人前で聖句を唱える機会も多いはずなのだが、一向に上手くならないのは何故だろう。
「まあ、多少間違えても、神聖語を知らなければ気づきませんからね」
 しれっと言い放った若き秘書は、仕方ありませんね、とラウルの手から聖句集を取り上げた。
「ちゃんと聞いていてくださいよ。『我らが主、蒼き夜を統べる御方。すべての命は夜を(しとね)微睡(まどろ)み、遠い夜明けを夢見る……』」
 朗々と響き渡る声。普段の気弱な様子からは想像も出来ない、その堂々たる響きは、埃まみれの執務室を大聖堂に変えてしまうほど。
 聖句だけではない。絵本や小説、無味乾燥な辞書の説明文さえも、彼が読み上げればたちまち天上の調べに変わる。
 それが聞きたくて、わざと執務室で宿題をしているのだが、果たして彼は気づいているだろうか。
Novelber 2019」 07 朗読
 twitter上で行われていた「novelber」という企画に参加させていただいた作品。テーマは「朗読」。
 まだ神学生だった頃のラウルと、かつては彼の教育役だったオーロ(現在はラウルの養父・ダリスの秘書)の会話。

(初出:Novelber 2019/2019.11.20)
2020.01.11


[一言フォーム] [series top] [HOME]