[TOP] [HOME]

シリウス
 狭苦しいコクピットの中で、通信機から流れてくる雑音混じりの声に耳を澄ます。
『ガガッ……こちらK1』
「K1、こちらK2。なにかあったのか」
『目的の星を発見。これより探査に向かう!』
「やけに発見が早いな」
『とーぜんだろ! オレのギャラクシージェットサイクロン号は超高性能なんだぜっ!』
 その、掃除機みたいなネーミングセンスはいかがなものかと思うのだが、つっこむべきはそこではない。
「待て。目的の星はシリウスだろう?」
 我々に課せられた任務は、地球から遙か8.6光年彼方に輝くおおいぬ座α星――冬の大三角を形成する星の一つ、シリウスを調査し、その結果を持ち帰るという過酷なものだ。
「そーだけど?」
「シリウスは恒星だ、惑星じゃない」
『どーゆーこと?』
 トランシーバーの向こうで首を傾げているだろう相手に、やれやれと溜息をつく。
「太陽みたいに燃えている星だ。つまり、降りて調査はできないってことだ」
『えええええ! じゃあ、シリウス星人とかいないの?』
 問題はそこなのか。
『あっ、でも大丈夫! オレのギャラクシージェットサイクロン号は百度の炎にも耐えられるんだぜ!』
「そうかそうか。ちなみにシリウスの温度は約一万度だ」
『ぎゃー燃えるー! って、うわあああああ!』
 やけに臨場感のある悲鳴が聞こえてきたかと思えば、しばらく経って、再びトランシーバーが鳴った。
『あー、あー。こちらシリウス星人。お前の仲間は我々が捕獲した。返して欲しくば一分以内に居間へ降りてきておやつを食べること』
『かーさん! ジャマすんなよー!』
『この通り、捕虜は無事だ。しかしお前の返答次第ではどうなるかな?』
 ククク、と芝居がかった笑い声まで響いてきた。いやはや、なんともノリの良い親御さんだ。
「了解。これより居間に向かう」
 トランシーバーのスイッチを切り、締め切っていた押し入れの戸を開ける。ああ、窓から差し込む太陽光が目に眩しい。
 階下からは「クローゼットに入って遊ぶんじゃないって言ってるでしょうが!」というお説教が聞こえてくるが、宇宙船のコクピットは暗くないと雰囲気が出ない、と提案したのは俺なので、あまり責めないでやって欲しい。

 人類は未だ太陽系の外にも出ていないが、こうやって空想の翼を広げれば、シリウスだってすぐそこだ。
Novelber 2019」 08 天狼星


 twitter上で行われていた「novelber」という企画に参加させていただいた作品。テーマは「天狼星」。
 誤字シリーズ「K」より、菊池と岸のKKコンビ。恐らく小学校中学年くらいのお話(彼等は小中高と学校が同じ)。
 テレビ番組で古いSF映画か、惑星探査のドキュメンタリーでも見たんでしょう。

(初出:Novelber 2019/2019.11.14)
2020.01.22



[TOP] [HOME]