<< >>
二年前 〜はじまりの一歩〜

 大学の入学式などというものは、結局のところどの時代でもさして面白いものではなく。
 学長のお言葉だの理事長のお言葉だのを聞いているうちに、座席で居眠りをしそうになるのは致し方ないことだろう。
「ふぅ……」
 前日に引っ越してきたばかりのこともあり、部屋の片づけやらであまり寝ていなかったレンは、式が終わってからも眠気が覚めやらず、ぼーっとしながらキャンパスを歩いていた。
 明日からのオリエンテーション日程などの説明を受け、あとは帰宅するのみである。
 早いところアパートに戻って一眠りしたいレンは、各種クラブの勧誘合戦が繰り広げられている正門までの道を避け、人通りの少ない裏門へ向かっていた。
(そういや、朝ここまで案内してくれた子はこっち使ってたよな……)
 裏門は利用者が少なく、もっぱら資材やらの搬入口となっているらしい。正門には立派な警備員詰め所が設けられているのに対し、裏門はちっぽけな詰め所によぼよぼの警備員が一人という、実にしょぼくれた警備体制である。
 しかし、レミーと名乗った少女は迷うことなく裏門を使い、居眠りしていた警備員のおっさんと仲良く言葉を交わしていた。そして広大なキャンパスを、レンの手をひっぱって入学式の会場まで連れて行ってくれたのだ。正門からは、大学だけでなく、下は幼稚園から上は大学院まで多くの新入生が詰め掛けており、あの時間で正門を使っていれば確実に遅刻していたことだろう。
 時間がなかったせいでロクにお礼の言葉もかけられず、式場について受付を済ませた時には、すでに少女の姿はなくなっていた。
 彼女は一体何者だったのだろう。
(しかも、妙なこと言ってたし……)
 走りながらレミーが言っていた言葉。
だからお兄ちゃん、《Shining k-nights》に入ろ!』
 その意味を尋ねる暇もなく、また余裕もなかった。
 あの言葉。《Shining k-nights》とは一体何のことなのか。
「あ、お兄ちゃん!」
「え?」
 唐突にかけられた声に立ち止まると、裏門の横で手を振る少女の姿が目に留まる。
「お疲れ様! 退屈だったでしょ?」
 言いながら駆け寄ってくる少女に、レンは目を白黒させた。
「え、あ、うん、まあね」
 などと答えつつ、レンは首を傾げる。
(なんでこの子、こんなところに……?)
「小難しいことをだらだら喋ったって、どうせ誰もちゃんと聞いてないのにね。やめた方がいいよって毎年言ってるんだけど、体裁ってものがあるからって聞いてくれないんだよね」
 まるで関係者のような物言いをする少女。
「あ、あの……・君は」
「レミーだよ。レミー・キャロル」
 言ったでしょ?と言わんばかりに見上げてくるレミーに、レンは苦笑する。
「うん、そうだね。今朝はありがとう、レミー。おかげで遅刻せずにすんだよ」
「どういたしまして! しょっぱなから遅刻じゃ、幸先悪いもんね」
 大人ぶった言い回しをする少女は、しかし見るからに幼く、愛くるしい。だが小生意気なガキという印象を周囲に与えないのは、あまりにも無邪気な笑顔の賜物だろう。
「それで、レミー」
 なぜここに、と聞こうとするのを遮って、レミーはレンの腕を取る。
「お兄ちゃん、もう帰るだけでしょ?一緒に来て欲しいところがあるんだけど、だめ?」
「一緒にって、どこに?」
「ひ・み・つ!」
 そう言った瞬間の、まるで小悪魔のような笑みを、レンは一生忘れないだろう。

 行き先を教えられないままレミーに引っ張られ、レンが辿り着いたのは、竹之内学園の学生寮だった。
 竹之内学園には、《LUNA-01》に暮らす者だけでなく、外部からも多くの人間が入学している。親元を離れて生活しなければならない彼らのために、格安で提供されているのがこの学生寮だ。
 寮は男子・女子ともに十棟ほど用意されており、しかもすべて個室。食事もおいしく設備も充実していることからかなり評判が良い。
 しかし、さすがに大学生以上になると、寮ではなく一人暮らしを望むものがほとんどで、レンも最初は寮を勧められたが、安いアパートでの一人暮らしを選んだ一人である。
「レミーは、寮に住んでるの?」
 レンの問いかけにレミーはううん、と首を横に振る。
「レミーはおうちに住んでるよ。さ、こっちこっち」
「え?うん」
 レンの腕を引っ張り、レミーが向かっているのは、立ち並ぶ寮の中でも一番外れに位置している二つの寮だった。女子寮「Nadeshiko」と男子寮「Masurao」。この二つは今年完成したばかりの寮で、今のところ入寮者はいない。しかしそのことを、この時のレンが知る由もなかった。
 レミーは、隣り合って立てられた二つの寮の間に建てられている共有スペース、通称「談話室」へと、レンを引っ張って行く。
「ほらほら、お兄ちゃん。こっちだよ」
 談話室に入り、更に奥のエレベーターへと向かうレミー。
 談話室に人気はなく、明かりだけが無人の部屋を煌々と照らしている。
(誰もいないのか……・でも、こんなところに入り込んでいいのかな?)
 談話室は寮生だけでなく、一般の生徒や外部の人間も自由に入れることになっている。とはいえ、寮生に知り合いもいないのに入り込むというのは、いささか気が引けた。
「はい、これに乗って!」
 ほぼ待たずに開いたエレベータの扉にレンを押し込むレミー。
 そして、エレベーターに乗り込んだレミーが、カードキーのようなものをコンソールのスリットに差し込んだ辺りからさすがのレンもどうもおかしい、と感じ始めた。
「えっと、レミー?」
 このままではどこに連れて行かれるのか分かったものではない。そう思って再びレミーを問いただそうとするレンに、レミーはにっこりと、極上の笑みを向けてくる。
「大丈夫。すぐ着くから。きっとびっくりするよ」
「なに、が?」
 そういっている間にも、エレベータは急速に降下していく。
 はた、とレンは、エレベータのコンソールを見た。階数ボタンは、2FからB2まで。それなのに、エレベータはぐんぐんと降下し続けている。とっくにB2は通過しただろう。しかし、エレベータは止まらない。
(一体……どこへ行くんだ?)
 レンが緊張の面持ちをレミーに向けたその時。
 チーンという音とともに降下が止まり、エレベータの扉がすっと開く。
 そして。

「ぅわぁ……」
 扉の向こうに広がる光景に、レンは言葉をなくした。
「ね?おどろいたでしょ?」
 どこか得意げにレンを見上げるレミーに、しかしレンは言葉を返すことなく、ただ扉の向こうを凝視していた。

 薄暗い照明の下、巨大なスクリーンには漆黒の宇宙と、その下に広がる月面が映し出されていた。
 月面に張り付くような半球状のコロニー。半透明な天井から漏れる街の光は、とても幻想的で美しい。
 各種モニター類がさまざまに点灯し、静かな動作音が響くそこは、まるで宇宙暦以前のSF映画に出てくる宇宙船のブリッジそのもの。
 秘密警備隊《Shining k-nights》の作戦司令本部。最新鋭の設備が並べられ、コロニー内の全ての情報が集結するそこは、この時はまだ、始動の時をただただ待っていた。
 エレベータからレンを引っ張り出し、レミーはくるりと、スクリーンに背を向けてレンを見る。
 天井から一筋の光がレミーを照らし、豊かな金髪が乱反射してレンの目を細めさせた。
「《Shining k-nights》へようこそ! 歓迎します」
 それはまるで、天の祝福。光に照らされ、こぼれんばかりの笑顔でそう告げる彼女は、まさに天使のごとく、神の御声を伝える。
「え? ちょっと待って、僕は……」
「この場所を知った以上、もう引き返せないよ?」
「そ、そんなっ……」
 ただ、無理やりここに連れて来られただけなのに。
 そう抗議しようとしたレンだが、次の瞬間はっと口をつぐむ。
(なんで、そんな悲しそうな目してるんだ、この子……・)
 そう。
 無邪気に笑うレミーの瞳が、どこか切ない色を帯びていることに、ふと気づいてしまったレン。
(なにか、事情があるのか……)
 基本的にお人よしなレンは、その瞳につい絆された。のちのち、あれは騙されたのだと気づいてしまうのだが。
「……僕に、何かできるのかな」
 そう聞いてしまったのが、まさに運の尽き。
 ぱぁっとと笑うレミーの瞳からは、先ほどまでの切ない表情はすっぱりと消し飛んでいた。
「できるよ! だって、レミーが選んだんだもん。間違いないよ!」
 
そう。それは最早、逃れられない定め。
 レミーに目をつけられた時点で終わりだったのだと、のちのち彼は振り返る。

 とにもかくにも、この日。《Shining k-nights》は動き出した。
 例えそれが、本格始動までの些細な一歩だとしても。
 これから先、レンに降りかかる不運と苦難の日々の、それはまさに最初の一歩であった。

<< >>