[TOP] [HOME]

登場人物紹介

ユージーン・アル・ファルド

…《ユージーン骨董店》のぐうたら店主。枯草のような風合いの金髪と深緑の瞳を持つエルフ族の男性。「長身」「美形」「博識」といった一般的なエルフの特徴は備えているものの、細かいことに拘らない性格のためか、常に「いい加減な服装」「無精髭」「ざんばらな髪」という風体で、「怠惰な美おっさんエルフ」という残念な称号を得ている。
 エルフ族の中でも飛び抜けて長命な《古の森人(エルダーエルフ)》であり、正確な年齢は不明だが、二百歳を超えていることは確からしい。(それでも本人いわく「一族の中では若い方」とのこと)


《鴎》のオルト

…翼人の郵便配達員。一年ほど前から十二番街の《黄昏通り》を担当している。鴎の翼を持ち、一番街の本局から十二番街の最奥にある骨董店まで、ものの十数分で翔け抜ける。
 面倒見のいい性格で、困っている者を見かけると放っておけず、ついつい世話を焼いてしまうお人好し。
 一番街にある寮で暮らしているが、昼休みと仕事帰りに骨董店へ顔を出して、店主らの食事の面倒を見ている。


《魔導人形》

…骨董店宛ての荷物に入っていた少女。自身を《魔導人形》と称している。銀色の長い髪と紫色の瞳が美しい、見た目は十代中頃の華奢な少女(自称・永遠の十四歳)。すったもんだの末、骨董店の《看板娘》に納まった。通称はリリル・マリル。


《ねじれ角》のカペラ

…一番街郵便局の局長を務める山羊の獣人。徹底した実力主義。かつては敏腕配達員として名を馳せていた。


《燕》のジャック

…翼人の郵便配達員。オルトの同僚。趣味はナンパと公言して憚らない、本局きっての女好き。十二番街の出身で、ユージーンとも面識がある。


《果ての塔》の賢者

…《世界の果て》にそびえる《塔》に引きこもっている謎の賢者。灰色の長衣がトレードマークで《灰色の魔術師》の異名を持つ。ユージーンとは古い付き合い。


パン屋の髭親父

…十二番街の片隅にあるパン屋の店主。髭面がトレードマーク。全然出てこないけど本名はラルゴ。


占い婆

…十二番街の外れに住む占い師の老婆。ユージーンに次ぐ古株で、十二番街の生き字引。


『小夜啼鳥』のマスター

…一番街にある樹上喫茶『小夜啼鳥』の店主。初老の翼人。一本に結ばれた白髪混じりの髪と鼻眼鏡(色つき)がトレードマーク。胡散臭い身なりだが、お茶を淹れさせたら右に出る者はいないと評判で、菓子作りの腕も確か。


レイヴン=クロウ

…夜間便専門の郵便配達員。有翼人の中でも体格の大きい《ツバサビト》で、鴉の翼と脚を持つ。


ユーディス・ウィンド=ラセット

…一番街郵便局で窓口業務を担当している兎の獣人。明るい茶色の毛並みと長い耳がトレードマーク。文房具好きが高じて、オリジナル商品の開発を任されるまでに。散歩が趣味で、休みの日は遠くの街区まで足を延ばすことも。


ユリシーズ・O=ダジール

…一番街にある小さな出版社「幻燈書房」の編集者。ガイドブック「《世界樹の街》の歩き方」をほぼ一人で取材・執筆・編集している。




[TOP] [HOME]

© 2017-2018 seeds/小田島静流